京都府にはご本人やご家族が利用できる様々な援助があります。当サイトから専門家にご相談いただけますので、はじめの一歩を踏み出してみませんか?

30
2016/3

緊張と不安の強い子どもたちへのワークショップ終了のお知らせ

1月にご案内いたしました緊張や不安の強い子どもへのワークショップ(場面緘黙児へのカラダ・こころ遊び支援プログラム)は2月13日(土)、2月27日(土)、3月12日(土)の全3回を終了しました。
このワークショップには6組の親子が、京都、滋賀、大阪、兵庫から参加され、臨床動作法、ヨーガ、自律訓練法、カラダ遊び、粘土細工、色塗りなどを行いました。
ワークショップの正式な報告は西山短大HPに掲載されています。
来年度からも定例でワークショップの開催を企画中です。募集の案内は西山短大HPに掲載予定です。
今後も、少しずつ支援の輪が広がっていけばと思っています。
26
2016/3

ネット上で賛否が議論されている「12年間部屋に引きこもった47歳男性」の映像について

最近ネット上で賛否が議論されている
「12年間部屋に引きこもった47歳男性」の映像について皆さんの意見を聞かせてください。
http://www.j-cast.com/2016/03/24262300.html?p=all

賛成の意見は「これぐらいやらないと解決しない」
反対の意見は「本人にも人権がある。あまりにも暴力的」といったものが中心です。

正直なところ私は何とも言えないもどかしさがあります。
両方の意見は正しいようにも見えるし間違ってるようにも見えます。

賛成してる意見に対しては「本当にこれで社会復帰できるのか?」という疑問が残りますし、反対している意見に対し...
13
2016/3

母が毒親、弟が家庭内暴力

私は小さいころから家族に虐待されていて、殺されかけたこともあり、大人になってからは弟の家庭内暴力で悩んでいます。母は弟の世話を十分にできず、何かあれば私にまかせっきり。そのため私は引きこもり状態になり外で活動することができません。京都府や京都市の各機関に相談に行くと生活保護で家を出ることを勧められますが、いざ福祉課に行くと申請さえも受け付けてもらえません。

こんな生活がもう20年近く続き、体も動かなくなっています。私の人生、弟の世話だけで終わるのでしょうか?どうしたらいいんでしょうか?